プロフィール

小野 庄一 Ono Shoichi

 1963年7月岐阜県揖斐川町生まれ。東京経済大学、写真専門学校を卒業後、AERA(朝日新聞社)の委嘱写真記者を経て独立。満100歳以上の人々のポートレイト「100光年」にて第30回太陽賞(平凡社/1993年)を受賞。受賞作は写真集「百歳王」(新潮社)としてまとめられ、ラフォーレ原宿をはじめ全国各地で写真展が開催され好評を得る。
 2004年2月、新たに撮り下ろした百歳を加えた「百歳王」が三越日本橋本店にて開催され、6日間で12000人の入場者を記録。写真集も「百歳王 笑顔のクスリ」(木楽舎)として再構成し復刻。
 2009年、開港150周年を迎える横浜在住の百歳を取材し、テレビ・ラジオ・新聞などで多数取り上げられ、写真展には1日最大800人、期間中4400人を超える観客を動員。また、写真展に登場した百歳王24人の人生のエピソードや笑顔の素晴らしさを纏めた写文集「百歳王 笑顔のクスリ(横浜編)」(八坂書房)を出版。
 近年は、富士山頂から望む絶景を求めて、7月8月の開山シーズン中に何回も頂上にて撮影。2011年・2013年に新宿のコニカミノルタプラザにて写真展を開催して、新しい富士山写真として注目を集める。
 富士山頂に登りはじめて10年目の今年、2014年4月、写真集「テッペン! / 死ぬまでに見たい、富士山頂からの絶景」(講談社)を出版。

プロフィール写真2.jpg

受賞歴

   第30回太陽賞 / 平凡社 1993年  

著書・写真集

   百歳王 / 新潮社 1994年
   風のうまれるところ / 小学館 1998年(共著)
   四国霊場徒歩遍路 / 中央公論新社 2002年
   百歳回想法 / 木楽舎 2003年(共著)
   百歳王-笑顔のクスリ / 木楽舎 2004年
   もし世界が100人の村だったら3-たべもの編 / マガジンハウス 2004年(写真担当)
   七日で一県 楽しく歩く四国遍路 / 朝日新聞社 2005年
   百歳王-笑顔のクスリ(横浜編) / 八坂書房 2009年
   寄り添う般若心経 / 小学館2012年
   富士山頂からの絶景「テッペン!」 / 講談社2014年

写真展

   夢のとなり / オリンパス・ホール 1989年
   百歳王 / ラフォーレ原宿 1994年
   新天地 / オレゴンムーンギャラリー 1995年
   いのちの樹-回想法が紡ぎ出す「100年生きなきゃわからない!」 / アイデムフォトギャラリー「シリウス」 2003年
   百歳王 / 日本橋三越本店メインギャラリー 2004年
   横浜と全国「百歳王“笑顔のクスリ”」 / 有隣堂ギャラリー 2009年
   横浜百歳王“笑顔のクスリ” / 有隣堂ギャラリー 2009年
   富士山「天の力」/ コニカミノルタプラザ 2011年
   新しい百歳、古い百歳、貴方も元気百歳!! / アイデムフォトギャラリー「シリウス」2012年
   富士山「天界」 / コニカミノルタプラザ2013年

アプリ

   富士山「天の力」/ 2010年
   寄り添う般若心経 / 2011年
   百歳王「笑顔の時」/ 2011年
   元気百歳になる方法 / 2012年

主な発表雑誌

   AERA 週刊朝日 アサヒグラフ 太陽 週刊文春 文藝春秋 週刊新潮 週刊現代 ブルータス その他多数